コンパクトSUV・プジョー3008はクルマ好きの選択肢になる? ならない?

装備面に目を移しても、360度視界&リアビューカメラや、ACC(車速対応クルーズコントロール)に組み合わせられたレーンキープアシストや自動ブレーキなど自動運転支援システムの面でも、新しい3008は最新のCセグメントにふさわしい充実度を誇ります。

またFFのSUVとはいえ、氷雪路や泥、砂といった滑りやすい路面で駆動トルクを制御する「アドバンス・グリップ・コントロール」も備わっています。

いってみれば、新しい3008はいわゆるドライビング・プレジャーだけではなく「ドライビング・エクスペリエンス」として、ドライバーや同乗者が経験できる総合的な刺激や喜び、落ちつきや心地よさの深化を、第一義に掲げています。

クルマとしての世界観をかくも強固にまとめ上げ、実現してきたコンパクトSUVである点に、プジョーの仕事っぷりの熱量を感じることができるでしょう。

_58A8767x

正直なところ、概してコンパクトSUVは必ずしもクルマ好きの選択肢ではなく、むしろ視線の高さとか経済面での無難さを求めるような層が集まりやすいことを、プジョーは重々承知しているはずです。

少し前に、現代美術館で知られるポンピドゥ・センターが、美術館に行かない層が多く住む非・文教地区のド真ん中にインスタレーション作品を設営して、ほとんど無理やり美術作品に触れさせるという「ゲリラ的巡回美術館」をやっていましたが、ニュー3008はそういう意味でも、エスプリとかお洒落ゴコロ以前に、フランス的な志の高い一台といえます。

クルマで喜びを得られないことは、是正すべき不幸の一種なのかもしれません。

_58A8833x _58A8776x

ちなみにパワートレインに関しては敢えて触れませんでしたが、近日中にPSAプジョー・シトロエン・ジャポンから、日本市場での重大発表があります。

少なくとも今、確実にいえることは、日本仕様のニュー3008はアイシンAW製の6速ATを基本とすること。そして、それに組み合わされるエンジンは1.2Lターボのピュアテック130psガソリン仕様を筆頭としつつも、それだけではないということです。

(NANYO Kazuhiro)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事