女子ライダーのバイクファッション・その1「いい女を目指してみる」

最近、女性ライダー増えましたね。で、彼女たちが気にしているのがウェア。

バイクに乗るなら格好良く乗りたい、っていうのは誰でも思いますよね。でもバイク用のウェアって、バリバリのライダーファッションみたいでちょっと抵抗がある、っていう人、多いわけです。

じゃあ普段着でいいじゃん、って思うんですけど、やっぱりバイク用に作られたウェアの機能性っていうものがあって、そこはやっぱり素晴らしい。

たとえば今の時期、とっても重要になる防寒。高速道路を時速100キロで走ること考えて作られているウェアなんて他にないから、普通の服だと色々なところから風が入ってきて寒いのなんの。

それと結構見逃されがちなのが裾丈と袖丈。普段は丁度いいと思っているサイズの服でもバイクに乗ると袖と裾の長さが足りなくなることがとても多いんです。で、これがとっても寒くて格好悪い。メッチャオシャレな服着ているのに裾が上がってしまった姿とか想像したくありません。パンツは長めにするとかでなんとかなるんですけどジャケットはそんな簡単にはいかない。バイク用だとこのあたりもクリアされているわけです。

中型二輪免許を取得したばかりの”ゆっこ”にウェアの相談されたMotoBeスタッフ。そんなことを説明したら「バリバリのバイクウェア着るか、それとも普通の服をバイクで使うか」って真剣に悩んでます。

もしかして街でも着られるバイクウェアがないと思っている? おしゃれで可愛いウェアがあったらその問題、すべて解決するんじゃないですか、って言ったら「そうだね、じゃあウェア見にいこうよ」ってことになりました。

ちなみに彼女、MotoBe Vol.1の表紙でバイクミコシに跨っていたその人。グラストラッカーに乗りたいんだそうです。

「どんな感じでバイクに乗りたいの?」って聞いてみました。そしたら「できたら格好良く、っていうか可愛く乗りたいなあ」かなり控えめなコメントですが、頭の中じゃ「ゆっこ、かっこいいじゃん」「惚れちまうぜ」なんてみんなに持ち上げられている姿を想像してしまっている様子。

じゃあいい女、って言われる為のバイクファッションを探しに行くことにしよう、って出かけたのがモトーリモーダ。なんとここ、銀座のど真ん中。仕事帰りに皆さんバイクのウェアを購入していくんです。

場所柄高級なものが多くて若いライダーにはちょっと敷居が高いんですが、でも”いい女”を目指すゆっこには、こういうのも知っておいてもらいたい。

ここの特徴はバイクを降りてもそのまま街で使えるオシャレなウェアが多いこと。しかもイタリアとかイギリスとかのブランド物も並んでいます。

 

「えー、ちょっとオシャレ過ぎじゃない!?」とゆっこ。ちょっと緊張している様子。と、ここで登場したのがMOTORIMODA銀座の生出(おいで)さん。

「スタッフの方、落ち着いた大人の方ってイメージ! あの人が接客してくれたら女性が一人で見に行っても安心して見れそう! 分からないことに対して全部答えてくれたし、とっても勉強にもなりました」とはゆっこのコメント。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事