運転能力に過信?高齢者層増大で「自動運転」実現急務 !

ドライバーの高齢化が進むなか、オートパイロットシステム(自動運転)の開発が世界的に加速しています。

TOYOTA(出展 トヨタ自動車)

交通事故の原因の9割がドライバーの判断ミスなどによる人的要因とされており、「認知」、「判断」、「操作」を電子化することで運転精度が向上、交通事故を削減できるとして期待されています。

富士重工業が先頃発表した電子化の先駆けとも言える「アイサイト」搭載車の事故調査結果でも、非搭載車に対して1万台当たりの件数で車両同士の追突事故が約8割減、対歩行者事故が約5割減、調査対象全体で約6割減の効果があったとしています。

こうしたことから、運転支援システムである「自動運転」機能が一般車両に浸透していけば、事故低減に繋がることは間違い無さそうです。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事