【東京オートサロン2016】ナッツの「コベン」は哀川翔さんリクエストへの回答でもあった!?

自動車のカスタマイズについても学んできた学生の卒業制作となるカスタマイズカーを並べる日本自動車大学校NATS。

2016年の東京オートサロンでもステップワゴンをベースにした「みんなのゴルフ」を出展するなど話題を集めています。

そんなNATS(ナッツ)のブースで小さいボディながらも圧倒的な存在感を放っていたのが、この一台。『NATS Black Opal Show-Spec』です。

nats_copen3816

いわゆる「縦目のベンツ」を軽自動車サイズで実現した、まさしく「小ベンツ」で、そのベースとなっているのはダイハツ・コペン。

”コペンで小ベンツ”というわけですが、このアイデアは東京オートサロンのアンバサダーである俳優・哀川翔さんの一言から生まれたというのも名前の由来で、ストーリーを感じさせます。

違和感なくまとまったエクステリアはW108 メルセデスの燈火類に合わせて、アルミとスチールで製作したもの。インテリアは真っ赤なビニールレザーで張り替えることで、エクステリアとのバランスを取ったという力作です。

(写真・文 山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。