【関西 ものづくりワールド2015】レアアースの三徳が超軽量合金サンマリアを展示

神戸が本拠の三徳は、大阪市のインテックス大阪で10月7日~9日に開催された「関西 ものづくりワールド2015」で、同社の超軽量合金マグネシウム・リチウム合金(Mg-Li合金)を展示しました。

DSC03772 DSC03776

同社はレアアースを扱っており、自動車用途にはリチウムイオン電池正極材や排ガス浄化用触媒材料等を供給しています。

今回の展示で目についたのは、同社の材料技術を利用した超軽量のマグネシウム・リチウム合金(Mg-Li合金)です。

DSC03779 DSC03778

このマグネシウム・リチウム合金はサンマリアと名付けられており、超軽量、冷間加工性、耐食性を生かして、世界初の実用化例としてノートパソコンの筐体に採用されています。

DSC03773

同社の展示では、同じ大きさの鉄・マグネシウム・サンマリアの角柱を並べて、手に持って重量の軽さを実感できるようにしていました。サンマリアは超軽量というだけあって、軽いといわれるマグネシウムよりも軽いことが実感できました。

DSC03774

サンマリアは今後いろいろな分野に応用が広がると思いますが、自動車用としては、冷間加工性と耐食性を生かして内装材として可能性があると感じました。

(山内 博)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事