2016年市販!トヨタのクロスオーバーハイブリッド「C-HR」【フランクフルトショー2015】

2015年フランクフルトモーターショーでトヨタが出展したコンセプトモデル「C-HR Concept」は、新型プリウスに続いて、トヨタの新世代アーキテクチャ『TNGA』を採用するクロスオーバービークルで、パワートレインも新型プリウスと共通のユニットが積まれると見込まれているモデルです。

C-HR_5dr_IAA006

2014年9月のパリモーターショーから一年、ずいぶんと市販へ向けて洗練されました。

一年前のコンセプトカーと比べると、3ドアから5ドアとなってクロスオーバーとしてのリアリティが増しているほか、ドアミラーやヘッドライトなどもショーモデルらしさを持ちつつ、現実的なユニットへ近づいているように見えます。

それも当然で、この「C-HR」は、巷で「プリウスSUV」と呼ばれているモデルの、まさにコンセプトを示すものと思われるのです。

2016年3月に開催されるジュネーブモーターショーでは、いよいよ市販モデルを公開するということです。グローバルにトレンドとなっているクロスオーバークーペ・スタイルと最新のハイブリッドパワートレインのコンビネーションが、どのようなカタチでまとまるのか、ますます気になる存在です。

■関連記事

「TOYOTA C-HR Concept」は次期プリウスと同等の燃費が狙い?【フランクフルトショー2015】
https://clicccar.com/2015/09/15/326989/

トヨタ「C-HR Concept」画像ギャラリー ─ 街乗りコンパクトSUVに再参戦に期待!
https://clicccar.com/2014/10/04/271504/

トヨタ・プリウスSUVの市販モデルがこれだ!
https://clicccar.com/2015/09/12/326294/

トヨタ次期プリウスベースのコンセプトカーに「発電タイヤ」を搭載していた!
https://clicccar.com/2015/07/24/319046/

トヨタ新型プリウス画像ギャラリー・その1 ─ 進化する燃費性能、世界の先駆けとなるハイブリッドカー
https://clicccar.com/2015/09/14/326516/

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。