デミオディーゼルのレーシングカー、スーパー耐久富士8時間レースを走りきる!

7月4、5日に開催されたスーパー耐久シリーズ第3戦「富士SUPER TEC」。シリーズ最長の8時間という長丁場のレースは、そのまま過酷さを想像させるに充分です。

008

その富士SUPER TECにもクリーンディーゼルのレーシングエコカーとして話題のマツダ デミオXD「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D 」が出場しました。

002

このデミオディーゼルを走らせるTEAM NOPRO、今回はMazda Women in Motorsport Project 2015から女性ドライバー2名を迎えての2カーエントリーとなりました。

007

7月4日の予選は、朝から雨がパラつく空模様で非常に難しい路面状況。Aドライバー予選ではレインタイヤを履くほどではないにしろ、ラインを外すと即スピンという状況。そしてBドライバー予選では完全なウェットコンディション。

そんな中、AドライバーとBドライバーの合算となる予選順位で、なんとエントリー8台中5位のポジションで予選を通過!

014

となるはずが、Bドライバー予選中に谷川達也選手にペナルティーがあり、予選順位降格。決勝では3戦連続の最後尾スタートとなってしまいました。しかし今までは伸びてこなかった予選タイムが大きく伸びてきたことで決勝も大きな期待を寄せてしまいます。

013

今回デミオディーゼルは軽量化の一環としてFRP製オリジナルボンネットを開発し、装着。4kg程度の軽量化が進んだとされています。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事