おすすめ記事一覧

【訃報】富士グラチャン、全日本F2チャンプだった松本恵二さんが逝去

2015/05/18 23:13 by   ニュース・新車, 訃報

全日本F2選手権や富士グランドチャンピオンシリーズ、全日本スポーツプロトタイプカー選手権などで70年代後半から92年まで大活躍されていた松本恵二さんが、17日に65歳でご逝去されました。

keiji_matumoto

松本恵二さんは、星野一義さんや長谷見昌弘さん、中嶋悟さん等とともに全日本F2選手権や富士グラチャンなどで活躍しました。

1979年に全日本F2チャンピオン。1983年には- 富士グランドチャンピオンシリーズ・チャンピオン。

また日本たばこ産業の赤いタバコがモータースポーツで一大キャンペーンを打った際、初代イメージキャラクターとして起用されたことで、レースファンのみならずレースを知らない方々への知名度も絶大。

筆者が松本恵二さんの出場したレースを何戦か観戦していましたが、忘れられないのは1985年の 世界耐久選手権富士6時間レースWEC in JAPANの優勝。星野一義さん、萩原光さん(故人)とともにマーチ・85G/日産をドライブして、ワークスのポルシェ956などが撤退するほどの悪天候の中でマーチ・85G/日産「シルビアターボC」は日本人初の世界耐久選手権優勝を果たします。

全日本F2選手権も1985年には、デビューしたてのヤマハエンジンで参戦。この年はシリーズチャンピオンには手が届きませんでしたが、翌年はホンダ対ヤマハの、まるでバイクレースのような一騎打ちになります。

筆者の印象では、松本恵二さんは悪条件でこそ光る才能の持ち主でした。そんな彼が、当時最もあこがれるべきCMカテゴリーであるタバコのイメージキャラクターになったというのは、まさに必然ではなかったのではないでしょうか。

カッコイイ男の代表とも言える松本恵二さん。ご冥福をお祈り申し上げます。

(松永和浩)

 



あなたにおすすめの記事