ミニバンの定番!アルパインの新型「リアビジョン」は12.8型の大画面も

ゴールデンウイークの車列を眺めていると、ミニバンの2列目に座って天井のモニターを眺めている子どもなどの姿をよく見かけます。

30al_nv-rv_w_2560

「せっかくのドライブなのに」という声もわかりますが、延々と続く渋滞の中で、子どもが飽きて「まだぁ~」と何度も言われるとDVDなどに頼りたくなります。

さて、後席用市販モニターとして定番の地位を築いたアルパインの「リアビジジョン」の新型シリーズが5月下旬から順次リリースされます。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。