BMWがアマゾンとコラボで「i3」のネット通販をスタート!

BMWが4月1日より同社のコンパクトEV「i3(アイスリー)」のオンライン販売をスタートさせました。通販大手Amazonとのコラボにより、Web上での購入を可能にしたもので、新車販売は日本初の試み。

BMW_i3

販売には60回ローンと5年リースの2方式を採用しており、ローンで購入する場合は頭金99万円、リースの場合は2ヶ月分のリース料を前払いする必要があります。

今回オンライン販売される「i3」は昨年4月に日本市場に導入されたモデルで、車体フレームに軽量・高強度のカーボンファイバーを採用、走りの楽しさと環境性能の両立を目指した一台。

急速充電器により約30分で80%の充電が可能(200V普通充電の場合7〜8時間)、満充電での航続距離は229km(JC08モード)となっています。

また小型エンジンを搭載したレンジ・エクステンダー装備車の場合は航続距離を最大300kmまで伸ばすことが可能。

BMW_i3 BMW_i3

「i3」の店頭価格はベースグレードが499万円(税込み)、レンジエクステンダー装備車が546万円(税込み)の設定となっていますが、Amazonでもこの価格は同一。

通販モデルにはコネクティッド・ドライブ・プレミアム、純正19インチアロイ・ホイール、LEDヘッドランプ、サンプロテクションガラスなどのMOP(工場装着オプション)があらかじめ装着されており、車両合計価格は527万円(レンジエクステンダー装備車:579万円)の設定。

ベースグレードで約40万円、レンジ・エクステンダー装備車では約75万円のクリーンエネルギー自動車補助金が受けられると共にエコカー減税が適用されます。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。