320km走れて価格3万ドルが目標のシボレー電気自動車コンセプト【デトロイトショー2015】

レンジエクステンダーEV(プラグインハイブリッドカー)の新型「シボレー VOLT」をデトロイトショーで発表したゼネラル・モーターズですが、ピュアEVのコンプリートカー「BOLT」も合わせて公開しています。

燃料電池車、ハイブリッドカー、レンジエクステンダーEVと幅広く次世代環境対応車を研究、市販や公道実験を行なっている巨人ゼネラル・モーターズ。

このコンセプトカー「BOLT」は、グローバルマーケットをターゲットに開発したEVを示しています。

Chevrolet Bolt003 

アフォーダブル(手頃な価格)で、ロングレンジ(長距離走行可能)を目標とした「BOLT」。具体的には、3万ドル前後の価格で、200マイル(約320km)以上の航続可能距離を目標に開発しているということです。

それでいて、ボディ軽量化のために、アルミ・マグネシウム・カーボンといった軽量な材料を使う予定といいますから、それらの素材におけるコストダウンと量産性にも期待が高まります。

果たして、シボレーのEVは未来のモビリティにおいて、重要な柱のひとつになるのでしょうか。

■関連記事

新型シボレー「ボルト」が登場。パワートレインを一新【デトロイトショー2015】
https://clicccar.com/2015/01/14/288613/

2013年に発売予定、シボレーの電気自動車は100kWの油冷モーター搭載
https://clicccar.com/2012/11/18/205156/

GM 燃料電池で累計300万マイル(約480万km)を達成
https://clicccar.com/2014/05/21/255733/

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事