スバル「レガシィ・アウトバック」画像ギャラリー ─ 威風堂々としたクロスオーバーSUV

1989年の登場から25年。6代目にスイッチしたレガシィは、既報のとおりクロスオーバーSUVのアウトバックとセダンのB4という2本立て。レガシィの代名詞であったツーリングワゴンは、レヴォーグが継承しているのもご存じのとおりです。

LEGACY_OUTBACK_12

ここでは、新型アウトバックの内・外装についてご紹介します。こちらでも取り上げましたが、サイズは全長4815×全幅1840×全高1605mmで、ホイールベースは2745mm。

LEGACY_OUTBACK_06

ホイールベースと全高は先代から変わっていませんが、全長は25mmプラス、全幅は20mm拡幅し、タイヤ外径も25mm拡大されています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。