新型デミオと一番人気のアクアでは、どちらが上!?

新型デミオのハイライトはやはり、1.5Lディーゼルでしょう。

もちろん、同じ1.3Lでありながら排気量を先代の1339ccから1298ccと41cc小さくしながらも出力とトルクを高めたガソリンの完成度も高く、ディーゼルと比べるとエンジンは約80kg、車両重量もAT同士の比較ではガソリンの方が100kgも軽いですから、ディーゼルよりも前後重量配分に優れ、アンダーステアが顔を出しにくく、クルマそのものがガソリンの方が小さく感じるなど、ガソリンの利点も少なくありません。 

demio_d_mt_0948

しかし、長距離を楽に走るならディーゼルのトルク感や走りは捨てがたく、とくにMT+ディーゼルの組み合わせは30km/Lに到達しますから、運転の楽しさを重視する人にも訴求するはず。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。