昔のクラッシュテストは悲惨だった!?【動画】

いや、笑っちゃいけないよ。真剣なんだから。

前にも書きましたが、クルマって頑丈そうに見えて、鉄板で作った折り紙みたいなもんなんですよ。ペラッペラですよ。大きな事故が起きたらクッシャクシャなんですよ。それを、頑丈な骨組をところどころに入れて、つぶれにくいように頑張ってるだけなんです。

で、少しでも事故のときの被害を抑えられるように、メーカーは昔からクラッシュテストを繰り返してきました……。

Crash_Test_01

っていうか、おい。楽しげなBGMつけるなよ……笑うところじゃないだろ、これ。あれ、な、なんか噴射してるぞ。え? タマゴ? ちょ、おま……www

Crash_Test_02

いやー、今もですけど、昔のクラッシュテストは苦労してたんですねー。現代に近づくにつれてシリアスになってきますが、やっぱり昔のテストはなんかユーモラスに見えてしまいます。昔の開発者のひと、ゴメンナサイ。

エアバッグのテストしてるの、生身の人間だよ……。

(まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、子供2人乗せ自転車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。