サイドブレーキを使ったヘンテコ駐車テクニック【動画】

こんな方法があったのか!

駐めたクルマが動かないようにかけておくのがサイドブレーキですが、スポーツ走行においては、別の使いかたもします。

有名なのはリヤタイヤをロックさせてスピンターンする方法ですよね。ジムカーナやダートラなどでよく使われます。ドリフトなどでは、リヤの荷重をコントロールするためにロックさせずにサイドブレーキを使う高度なテクニックも用いられます。バイクのリヤブレーキと同じように。

でも、ここではまったくちがうサイドブレーキのテクニックを紹介します。それは、縦列駐車を簡単にやるテクニックです。

Parking_Brake_01

前後にクルマがいますが、1台分空いている駐車スペース。サイドブレーキを使うっていうと、スピンターンで入ってくると思うでしょ? でもちがうんです。

 Parking_Brake_02

これだったらスピードも出ないので、そんなに危なくなさそう。いきなり前後にクルマがいるところで使うのは危険ですが、ちょっと練習してもいいかな、という気にさせます。でも、FF車だからできる技ですよ。FR車では無理なので、真似しないでください。

(まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、子供2人乗せ自転車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。