横浜ゴムが「パイクスピーク」にオリジナルEVと低燃費タイヤで参戦

三菱自動車もEVで参戦を表明した「2014パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に、横浜ゴムも6年連続で挑戦することになりました。

6月29日にアメリカ・コロラド州で開催されるヒルクライムレースは、別名「雲に向かうレース」と呼ばれ、標高2862mのスタート地点から4302mの頂上までおよそ20kmを一気に駆け上がり、そのタイムを競うレースで、今年でじつに92回目というから驚きです。

YOKOHAMA_01156もの様々なコーナーに加え、気温や天候の変化が激しい過酷なレースとして知られています。

横浜ゴムでは、ゼロエミッションレーシングカーと低燃費タイヤで挑む「パイクスピークEVチャレンジ」を「走る喜びと環境との調和」や「電気自動車用タイヤの研究開発」として据えており、今年で6年連続になります。

2010年と2011年には、2年連続でEVの歴代最速記録を樹立し、2012は自己ベストを21秒以上短縮。

YOKOHAMA_02昨年はシステムエラーにより途中棄権になってしまいましたが、今年はさらなる好成績を狙っています。ドライバーは国内外のオフロードレースで活躍する塙郁夫選手を継続起用しています。

レースウィークの現地での模様は、「チーム・ヨコハマ・EV チャレンジ」専用サイト(http://www.team-yokohama-ev.jp)および「パイクスピークEVチャレンジ」公式Facebook(http://www.facebook.com/yokohama.ev.challenge)に随時アップされるそうなので、気になる方は要チェックです!

■三菱自動車「パイクスピーク」にEVで3度目の挑戦
https://clicccar.com/2014/06/09/257918/

(塚田勝弘)