日産のスマート・ルームミラーは実用度かなりアリ!

日産自動車の2014年度の主に国内計画についての発表がありました。

NISSAN2014_02

最新のモデルからあの箱スカまで、日産のアイデンティティを象徴するモデルが華を添えます。

NISSAN2014_04 NISSAN2014_03 NISSAN2014_05

計画では、今年度グローバルを含む9車種を新たに投入すること、その中にはNV200ベースの電気自動車や、三菱自動車との合弁会社NMKVによる軽自動車等が計画されているそうです。

また、昨年迎えた80周年を記念して、かつての名車のカラーリングをイメージした限定車を設定しました。昔からの自動車好きには「ああ、あの色ね!」とピンと来るはずです。

NISSAN2014_09 NISSAN2014_07 NISSAN2014_10

さらに注目されたのは、先日発表されたスマート・ルームミラー。

NISSAN2014 NISSAN2014

簡単に言うと、ルームミラーをモニターにして、リヤビューカメラの映像を鏡の変わりに映してみせるんですが、カメラに異常があったり、なんらかの事情で使いたくないときは普通のミラーにも切り替わるところ。

上がモニター状態、下が鏡状態です。

実際に見てみると、後席に乗員がいなくても最近では当たり前になった3名分のヘッドレストやピラーなどが邪魔することなく後方視界が得られることがわかります。しかも、実際の視野角も広く、ズーム等もついているので好みに合わせたり、怪しい後続車を確認したい時(!)にも便利かも知れません。

NISSAN2014_34 NISSAN2014_35

このスマート・ルームミラーは、エクストレイル、エルグランドから順次採用されるとのことです。

(小林和久)