ポルシェ『ボクスターGTS/ケイマンGTS』画像ギャラリー ─ クラスをリードする本格スポーツ

ポルシェはGTSのラインナップをボクスターとケイマンにまで拡大しました。カイエンGTSやパナメーラGTSと同様に、どちらの新型も本格スポーツカーとして、クラスをリードする存在になるのは間違いないでしょう。

Cayman GTS「GTS」が初めて使われたのは1963年にデビューした904カレラGTSで、レーシングカーでありながら公道を走るロードゴーイングマシンでした。

1980〜90年代には、924GTSと928GTSがこのコンセプトを発展させ、2007年にカイエンGTSという形で再登場すると、その後は911とパナメーラにも継承されています。

Boxster GTSさて、ポルシェ・ボクスターGTSとケイマンGTSに用意される20インチのカレラSホイールは、フロントに235/35R20タイヤ、リヤに265/35R20タイヤを装着。グリップ性能と見た目ともに、ピュアスポーツのGTSにふさわしい組み合わせになっています。

Cayman GTS - Interieurまた、同じく標準装備になるスポーツシートとレザーインテリアは、ポルシェが誇るほかのGTSモデルと同様に、アルカンターラが組み合わされ、より洗練度が高められています。

Cayman GTS Boxster GTSBoxster GTS

(塚田勝弘)