日産GT-R 2014年モデル登場、ニュル24時間耐久からのフィードバックで進化

日産のみならず、日本のスポーツカーの頂点といえる「NISSAN GT-R」が2014年モデルへ進化しました。

2014GTR002

2014年モデルの開発テーマは、洗練された速さを追求した「大人が楽しめる『NISSAN GT-R』」です。

といっても、ラグジュアリーさを求めるというわけではありません。2012年に参加したニュルブルクリンク24時間レースなど数々のモータースポーツ活動からのデータからのフィードバックなどにより進化を遂げているといいます。

すなわち、「GT:グランツーリスモ」的な乗り心地、「R:レーステクノロジー」に基づく圧倒的な速さの両立というのが、2014年モデルでのテーマ。まさに『GT』・『R』という名前にふさわしいパフォーマンスを目指しているのです。これは、GT-Rが標榜し続けている「マルチパフォーマンス・スーパーカー」を追求することと同義でもあるのです。 

2014GTR014 2014GTR013

ボディのたわみまで含めて、シャシーを見直しているのが2014年モデルの特徴といえます。それにより、あらゆるステージにおいて高水準の安定性と優れた路面追従性、上質な乗り心地を目指しているということです。速さだけではない、ひとつ上の次元へと進化しているとアピールしています。

2014GTR003

エクステリアでは、新デザインの高効率LEDポジションランプによるランプシグネチャーにより、稲妻の閃光を思わせる印象的な外観としています。この新しいランプシグネチャーは、エンジン始動時に点灯するという演出もされています。

インテリアでは、最上級グレード「プレミアム エディション」の専用オプションとなるファッショナブルインテリアに、アイボリーを追加するなど、選択肢を広げています。

2014GTR009

グレード展開は、「ピュア エディション」、「ブラック エディション」、「プレミアム エディション」の3グレード。メーカー希望小売価格はそれぞれ9,051,000円、9,933,000円、10,111,500円となります。

ボディカラーは、24金ゴールドでコートされた微細なガラスフレークを混ぜた新色のゴールドフレークレッドパールのほか、オーロラフレアブルーパール、メテオフレークブラックパール、ブリリアントホワイトパール、ダークメタルグレー、バイブラントレッド、アルティメイトメタルシルバーという全7色。

2014R35gtr

発売は2013年12月2日。全国97店舗の再編された日産ハイパフォーマンスセンター(NHPC)にて、「GT-R」マイスターとして認定されたカーライフアドバイザーが販売を担当するということです。 

●GT-R 2014モデル主要諸元
全長:4670mm
全幅:1895mm
全高:1370mm
ホイールベース:2780mm
トレッド(前後):1590/1600mm
車両重量:1740~1750kg

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。