2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー候補者10台が決定! 国産はハイブリッドメインに

第34回 2013-2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー決定する第一次選考会が山梨県にて開催され、全38台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10 台の「10ベストカー」が選出されました。

2013-2014_Jcoty

■10 ベストカー■(ノミネート順)
●トヨタ クラウン【ロイヤル/アスリート/マジェスタ】
●ホンダ フィット/フィットハイブリッド
●マツダ アテンザ
●ミツビシ アウトランダーPHEV
●スバル SUBARU XV HYBRID
●フォルクスワーゲン ゴルフ
●メルセデス・ベンツ Sクラス
●MINI ペースマン
●フィアット パンダ
●ボルボ V40

近年の傾向通り、国産車と輸入車が半々の10ベストカーとなりました。また、国産車はアテンザを除いて、どれもハイブリッド(がラインナップされている)となっています。輸入車はドイツ勢が3台となっているのが特徴といえそうです。

今後のスケジュールは、2013年11月12日に富士スピードウェイにて開催される「10 ベストカー試乗選考会、イヤーカー投票」にて、自動車評論家・ジャーナリスト・有識者からなる60 名の選考委員が最終選考の投票を行ない、イヤーカーが決定。発表は、2013年11月23日の「東京モーターショー 一般公開日初日」にて開催される最終選考発表会&表彰式にて行なわれる予定となっています。

果たして、今年こそ輸入車がイヤーカーに輝くのか、それとも販売台数に勝る国産車がイヤーカーとなるのか、東京モーターショーでの発表が気になるイヤーカー選びといえそうです。。

■関連リンク
日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト
http://www.jcoty.org/

2013-2014coty

(山本晋也)