【訃報】CAR GRAPHIC誌初代編集長の小林彰太郎氏が逝去

「CAR GRAPHIC」誌の生みの親で名誉編集長の小林彰太郎氏が10月28日に逝去されました。享年83歳。 

shotaro-beret01_1

氏はライオン(株)の創業家一族として1929年に東京で誕生後、幼少期より自動車を愛し、東京大学経済学部在学中に自動車ジャーナリストを生涯の職業と決めて自動車誌への執筆をスタート。  

1962年には、月刊自動車誌「CARグラフィック」を二玄社から出版。新型車試乗の印象を綴った「ロードインプレッション」で多くの読者ファンを獲得。  

「CAR GRAPHIC」誌を日本を代表する自動車専門誌に育て上げるかたわらで日本自動車ジャーナリスト協会副会長や、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会委員長などを歴任。 

「CAR OF THE CENTURY」の名誉専門委員会副会長やイタリアで開催されるクラシックカーコンテスト「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」の審査員としても活躍されました。 

TOYOTA

クラシックカーへの造詣が深く、日本クラシックカークラブ(CCCJ)の会長も務め、10月27日(日)には愛知県長久手市のトヨタ博物館で開催中の小林彰太郎フォトアーカイヴ展「昭和の日本 自動車見聞録」のメインゲストとして、トークショーやサイン会に臨んだばかりでした。 

謹んで氏のご冥福をお祈りします。 

■トヨタ博物館
  http://www.toyota.co.jp/Museum/ 

〔関連記事〕
・【訃報】「トヨタ生産方式」の生みの親 豊田英二氏 が死去
 https://clicccar.com/2013/09/18/231267/ 

・【訃報】小説モデルにもなった日産労組の塩路一郎氏も
 企業戦士のひとりだったか?
 https://clicccar.com/2013/02/08/212275/

 (Avanti Yasunori)