トヨタ「ラクティス」が車両安定システムを全車標準装備

2013年10月、欧州風味を感じさせるトヨタのハイト系コンパクトの「ラクティス」が2012年7月以来のマイナーチェンジを果たしました。

今回の改良ポイントは、全車にS-VSC(ステアリング協調車両安定制御システム)とTRC(トラクションコントロール)を標準装備したことです。 

toyota_ract1310_01

こうしたアクティブセーフティ機構の標準装備化は、継続生産車において2014年10月1日以降に製作される自動車に対して、横滑り防止装置(ESC)の義務化が決まっていることへの対応の前倒しといえるものです。

なお、今回の安全装備の標準化によりメーカー希望小売価格は、おおむね2万円高となる、139.7万円~188.3万円となっています。エンジンは1.3リッターと1.5リッターでCVTと組み合わされ、FFと4WDが用意されるというパワートレインはマイナーチェンジ前と同様です。また、車いす仕様車やウェルキャブ(福祉車両)についても、同じくS-VSCとTRCは標準化されています。
s_ractis

(山本晋也)