【動画】最高時速360キロ! 幻のジャガー製ハイブリッド・スーパーカー「C-X75」を公開

日本でもFタイプがリリースされ、存在感を高めているジャガーがハイブリッド・スーパーカーの「C-X75」を動画で公開しました。エンジンは1.6Lの直列4気筒で、スーパーチャージャーとターボのダブル過給器により出力は502bhp、リッターあたりの出力は313bhpと世界最高レベルの出力効率を誇ります。モーターは2基搭載され390bhp、エンジンと合わせると850bhp(約861ps)/1000Nmのハイパワー、最大トルクに達します。

スクリーンショット 2013-07-10 10.45.45

「C-X75コンセプトカー」は2010年に初公開され、今回は4WDのパラレル式プラグインハイブリッドとしてお披露目されたもので、アルミを得意としてきたジャガーでは初のカーボンコンポジットモノコックシャーシーに、先述したエンジンとモーターを搭載しています。

スクリーンショット 2013-07-10 10.45.33

残念ながら2012年にはC-X75の量産化中止が決まっていますが、車両軽量化や低排出のエンジン研究などには大いに役立ったそうです。トランスミッションは7速自動MTで、0-160km/h加速は6秒以下、プロトタイプの最高速は320km/h超でしたが、理論上は360km/hも可能だとか。

EV走行は60km、C02排出量も89g/km以下と超一級のエコカー並みですから量産化中止は残念ですが、この成果は今後のジャガー、ランドローバー向けに活用されることになります。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。