【動画】ホンダの65年を2分で振り返るムービーに登場するプロダクトは何だ?

ホンダUKが、ホンダの65年を2分弱で紹介してしまう映像コマーシャル「Honda ”Hands”」を製作、インターネットで公開しています。

真っ白なテーブルと、両手が写っているところに、コロコロと転がってくる小さなナット。それを拾い上げると、様々なホンダの歴史的プロダクトに変身するというストーリー。

http://www.youtube.com/watch?v=Dxy4n0UT82o

ここで登場してくるプロダクトのすべてが、わかるでしょうか?

Honda_UK_65th_CM0005

登場順に並べると次のようになります。

A型自転車用補助エンジン(ホンダ初のエンジン)
スーパーカブ(1958年式)
 2RC143(1961年 マン島TT 勝利マシン)
CBR1000RR(2013年 マン島TT勝利マシン)
シビック(1972年式)
リーフブロワー
欧州シビック(英国生産車)
欧州シビックタイプR(2007年式)
Honwave T38(動力付きゴムボート)
BTCCシビック(レーシングマシン)
NSX(1991年式)
NSXコンセプト(2013年デトロイトショー仕様)
ソーラーカー「ドリーム号」(1996年WSC優勝マシン)
FCXクラリティ(燃料電池車)
CRF450R(モトクロス競技マシン)
ATV「FourTrax」
CR-V(英国生産車)
二本足歩行ロボット「E3」
ASIMO
ロボット芝刈り機「Miimo」
ジャズ(英国生産車・日本名:フィット)
ホンダジェット

さて、ホンダが生み出す次のプロダクトは、どのようなものになるのでしょう。 

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事