7シーターのチンクエチェント、フィアット500L リビングが7月本国デビュー

フィアットは、チンクエチェント(FIAT 500)のニューバリエーションとして7人乗りのMPV「フィアット500L リビング」を7月から欧州を皮切りに、販売することを発表。あわせて内外装の写真を公開しています。  

Fiat_500L_01

チンクエチェントらしい佇まいと7人と荷物を飲み込むユーティリティを両立することを目指したという「フィアット500L リビング」。スリーサイズは全長435cm、全幅178cm、全高167cmとなっています。

Fiat_500L_02

本国仕様のエンジンは、ディーゼルが1.6と1.3の2種類、ガソリンが1.4とツインエアターボの2種類。 ボディカラーは19パターン、インテリアは6パターンと多様なカラーリングが用意されているのも特徴といえそうです。 

Fiat_500L_03 Fiat_500L_04

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。