好調はホントだった!テスラ用リチウムイオン電池セルの生産が1億個を突破!!

テスラの最初のモデルであるロードスターのバッテリーは、パソコン用だと揶揄するような記述や発言も見られましたが、EV用に改良された18650サイズの円筒型リチウムイオン電池セルであり、出力も大きく、決して安易な発想で生まれたワケではありません。

テスラモデルS

サプライヤーはパナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社、つまりパナソニックですが、同社にはトヨタと組んでプライムアースEVエナジー社を設立し、EVやHV用のバッテリーなどを供給してきた実績があります。

テスラ「モデルS」にもパナソニック社製のリチウムイオン電池セルが搭載されていて、床下一面にバッテリーが配置され、85kWhバッテリー仕様のモデルSで500kmの航続可能距離を実現しているわけです。

テスラ_モデルS

テスラ_モデルS_0202

そのテスラ向けリチウムイオン電池セルの累計出荷が1億個を達成したそうです。モデルSは、今年だけでも世界中で2万台以上の販売が見込まれているとのこと。

日本では東京・青山にショールームと拠点がありましたが、大阪に関西拠点を開設し、試乗を通じてそのモンスターぶりを西日本の方にもアピールする戦略で、2013年6月12日から7月15日までパナソニックセンター大阪(グランドフロント大阪南館1館)にて「モデルS」の基盤技術(シャーシ)を公開。ほかにもパナソニックのEV用電池やEV技術も紹介されます。

■パナソニックセンター大阪「関西初 テスラモーターズ コミュニケーションスペース」
http://panasonic.co.jp/center/osaka/event/all/2013/06/post-103.html

■テスラモーターズジャパン
http://www.teslamotors.com/jp

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。