業界初!JAXAの衛星測位システムを駆使するポータブルカーナビとは?

PNDの「ゴリラ」は、三洋電機からパナソニックになってもブランド名が変わらなかった人気シリーズ。

今回、業界初となるGPSとジャイロに加えて、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が実証実験を進めている衛星測位システムの準天頂衛星「みちびき」で現在地を正確に測位できるSSDポータブルカーナビゲーション「CN-GP530D」を6月12日から発売します。

CN-GP530D

3つの情報を活用することでビル街や高架下など、PNDの泣き所であった自車位置精度がより正確になるのが朗報。データ容量は16GBのSSDで、全国の詳細地図や約100冊分の観光ガイドブック「るるぶDATA」を収録するなど、据え置き型ナビと遜色のないデータベースを実現しています。

ハイウェイ入口拡大図_re05104920445a1242dbf99e5fd7723728b58a3f2ca01a0d219a25541f522ae22b47fe 

LEDバックライト付きのモニター画面は、5V型のワイドVGAで、細かい文字でも視認しやすく、5V型画面をフル活用できる「フルスクリーンマップ」の搭載により見やすさが高まっています。また、高速処理回路「ゴリラエンジン」の搭載でストレスフリーのハイレスポンスも達成。

さらに安全運転支援として、事故多発地点や急カーブ、合流、踏切など案内警告マークや音声で知らせてくれます。

7a83f0ceecd94fdf3e8e9782b2159c38354aa706d69aa745cf2de91a79745456 

拡張性としては「計算機」、「スライドパズル」、「地下鉄路線図」、「ジオタグ変換アプリ」などの中から使いたい「Gアプリ」をホームページからSDメモリーカードにダウンロードし、「ゴリラ」に挿入することで機能の追加も可能です。

AV機能はワンセグチューナーを内蔵し、SDメモリーカードに保存した音楽データや静止画も再生できます。気になる価格はオープンですが、店頭予想価格は3万5000円前後です。

■ゴリラ「CN-GP530D」
http://panasonic.jp/car/navi/products/GP530/index.html

(塚田勝弘)