トヨタ・アクアが28万2660台で、2012年度もっと売れたクルマでした!

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合から2012年度の車種別販売台数が発表され、2012年度にもっとも売れたモデルが判明しました。

aqua_rear12_03

登録車、届出車(軽自動車)の区別なく販売台数で並べたランキングは以下の通り。見事にトヨタ・アクアが初めての年度トップを獲得しています。

1位 トヨタ アクア 28万2660台
2位 トヨタ プリウス 28万929台
3位 ホンダ NBOX 23万6287台 ※
4位 スズキ ワゴンR 19万9122台 ※
5位 ダイハツ ミラ 19万490台 ※
6位 ホンダ フィット 17万99台
7位 ダイハツ タント 16万2783台 ※
8位 ダイハツ ムーヴ 16万397台 ※
9位 日産 ノート 11万5530台
10位 スズキ アルト 10万8872台  ※

トップ10のうち、※印をつけた軽自動車が6台となっていますが、ワンツーはトヨタのハイブリッドカーが獲得しています。2011年度はプリウスが31万台オーバーでトップでしたから、アクアの登場によりハイブリッドカーの選択肢が広がり、そのマーケットが拡大していることが見て取れます。

ちなみに、惜しくもトップ10から漏れてしまった11位は日産セレナで販売台数は9万5869台。つまり、2012年度に10万台以上売れたモデルは10車種だけだったというわけです。

トップ10のモデルは燃費性能に優れているのも共通点。新車販売の中心はエコカーという図式はしばらく続くのでしょうか。

2012nboxcustom

(山本晋也)