ダンロップのプロジェクションマッピングが凄い!

建物や立体的な物体に映像を映し出し、3Dのような映像が楽しめるプロジェクションマッピング。

最近では東京駅のリニューアルなどで話題となりました。

東京オートサロン2013では、このプロジェクションマッピングを利用したブースがダンロップブースにありました。

メルセデスベンツSクラスとトヨタ86(もしかするとスバルBRZ)を用いて幻想的、未来的なタイヤの世界観を表現しています。

Sクラスでアピールしているのは発表されたばかりのプレミアムコンフォートタイヤ「VEURO VE303」です。

プレミアムコンフォート、Sクラスがイメージというだけあり、静粛性、操縦安定性は向上させ、低燃費性能をさらに高めたのが特徴です。

静粛性を高めるには進行像のハイブリッドバンドを用い、新開発のパターンを採用し、ダンロップ得意の特殊吸音スポンジを装備しています。

また、操縦安定性向上には、剛性を高めるための新構造、新パターンを採用しています。

低燃費性能の追求では、分子レベルで最適化した低発熱密着ゴムを採用し、転がり性能-ウェットグリップ性能でA-bを獲得しています。

また、86でイメージさせているDIREZZA Z-II(ローマ数字の2)は「ラップタイムを縮めるためのストリートタイヤ」として昨年登場しました。

それら2つのキャラクターを表現したプロジェクションマッピングがこちらです。

迫力とともに、イメージが伝わりますね。

いろんな製品でプロジェクションマッピングを見てみたいものです。

(小林和久)