愛車をレンタカーにして、配当金まで受け取れる画期的しくみ「ニコレンオーナーズ」とは!?

誰だって自分のクルマには愛着があるし、長く乗ればそれだけ思い入れも強くなるもの。でも、いつか別れのときはやってきます。そのときの選択肢としては次のクルマの下取りに出す、中古車店や買取専門店に売る、友人や知人に売ったりネットオークションで個人売買する…などが一般的でしょうが、実はもうひとつ、まったく新しいクルマの売却法があるんです。それがニコニコレンタカーの「ニコレンオーナーズ」。

ニコレンオーナーズ

ニコレンオーナーズの仕組みはこうです。まず、売りたいクルマをニコニコレンタカーに持ち込むと買取店と同様に査定を行い、通常の下取り相場とほとんど変わらない価格で買い取ってもらえます。ニコニコレンタカーは中古車ベースのレンタカーチェーンなので、そうして買い取ったクルマは自社工場で整備され、現役バリバリのレンタカーとして余生を過ごす、というわけ。他店では値のつかない古いクルマも程度が良ければ買い取ったうえでレンタカー化してくれますから、愛着あるクルマを廃車でつぶすのはイヤ! というオーナーにもオススメです。

しかもそれだけじゃない! ニコレンオーナーズが本邦初の画期的サービスといわれるゆえんは、レンタカーとしての利用頻度に応じて前オーナーのあなた自身に配当金が支払われることにあります。

月間売上と配当率

具体的な配当率は表のとおり。配当金には最低補償額として月々3000円が1年間設定されるので、黙っていても年間3万6000円が受け取れます。しかもレンタカーとしてガンガン利用されればそれだけ配当は増え、2011年9月のサービス開始以来、過去最高の配当事例は月額1万4826円、1台あたりの月平均配当額は5566円との結果も出ています。また、昨年から今年にかけてもっとも配当金を得たオーナーだと5万8437円(2011年10月〜2012年6月の9ヵ月間)にもなるというから、けっこうイイお小遣いになりますね。車検代や整備費用などレンタカーとしての運用コストはすべてニコニコレンタカー持ちなので、前オーナーの負担は一切ないのも魅力です。

さらにこのシステムでうれしいのは、自分が手放した元愛車のレンタカーとしての運用状況がwebサイト上で確認できること。現在、ニコレンオーナーズを試験的に導入しているのは横浜市都筑区のニコニコレンタカー仲町台店のみ、登録車両は20台となっていますが、今後は全国に941ある各店舗(2012年9月30日現在)で順次運用するべくシステム環境を整備中。

近い将来は、いちど手放した自分のクルマを再びレンタルして思い出いっぱいのドライブ…なんて夢のような話が実現できるかも。これは本当に楽しみですね!

■ニコニコレンタカーwebサイト
http://www.2525r.com/

■ニコレンオーナーズwebサイト
http://www.nicoren-oc.com/

(まるほ商会)

 

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事