人気の200系ハイエースに導入して欲しい仕様

2004年のデビューから未だに衰えない人気を保ち続ける現行型ハイエース。

スクエアでボクシィなルックスから、商用車としてだけではなくレジャーでのトランスポーターとしてやカスタム、ドレスアップのベース。さらにはドリ車のベースにまでなっています。

そんな大人気のハイエースですが、個人的には残念な部分が一つ。それは4ナンバーのグレードしかないこと!(コミューター的な3ナンバー・10人乗はありますが)

4ナンバーだと毎年車検になりますし(新車の初回は2年)、ホイールやタイヤ、足回りの選択肢も乗用車に比べて低くなってしまいますよね。

実は先代の100系ハイエースには「SW」というグレードがありまして、見た目は無骨なバンのままだけど5ナンバー登録で車検は2年!という夢のようなグレードがあったのです。

標準ボディ(2列シート)とロングボディ(3列シート)の2つのボディタイプに、エンジンは2.4リッターディーゼルエンジンで5MT、2WDのみという割り切った仕様ではありましたが・・・。

写真は別グレードの物です

200系からは「大きな3列シート車がご希望ならアルファード&ヴェルファイアを!」というスタンスのようなので3列シートモデルは望み薄かもしれませんが、公認5ナンバー登録を代行してくれるショップもいくつかあるようですし、せめて5ナンバーの2列シートモデルだけでもあればもっと売れるんじゃないかなーと思ってしまいます。

もしくは以前紹介した「タイエース」ことVenturyの導入を期待したいところではありますが、ワイドキャビンじゃない標準ボディのスマートさに魅力を感じるのはワタシだけではないハズ?

■ハイエース公式HP(トヨタ)
http://toyota.jp/hiace/

(小鮒 康一)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事