SUVナンバーワンの日産からエクストレイルの特別仕様車

SUVの販売が好調で、2010年、2011年に引き続き、2012年上半期(1~6月)もSUV販売台数ナンバーワンとなった日産が、そのラインナップを代表する一台といえる『エクストレイル』に特別仕様車を追加しました。

特別仕様車として追加されたのは、特別仕様車「20Stt」(4WD)、「20Xtt」(2WD/4WD)の3モデル。

「20Stt」は、インテリジェントキーやエンジンイモビライザー、フロントバンパー組込みハロゲンフォグランプ、ASCD(オートスピードコントロール装置)などを標準装備としています。

「20Xtt」は、ASCDとフロントバンパー組込みハロゲンフォグランプに加えて、キセノンヘッドランプや18インチタイヤ、アルミホイールも標準装備として、精悍なエクステリアとしています。

いずれも装備の充実に対して、お買い得な価格設定ということです。

また、クリーンディーゼルSUVとして知られる「20GT」は、防水シートや全席ヒーター付シート(後席中央を除く)に加え、後席にはリラックスヘッドレストを標準装備しています。

メーカー希望小売価格は、特別仕様車「20Stt」(4WD)が2,264,850円、「20Xtt」(2WD/4WD)が2,286,900円/2,496,900円。レギュラーグレードの価格帯は2,190,300円~3,176,250円となっています。 

■日産X-TRAIL WEBカタログ
http://www.nissan.co.jp/X-TRAIL/

さらに、オーテックジャパンから「エクストレイル 20Xtt」をベースとして、フロントオーバーライダーやアンダーカバー、専用の大型フォグランプなどを特別装備した特別仕様車「エクストリーマーX」が追加設定されています。

こちらのメーカー希望小売価格は2,617,650円~3,333,750円となっています。

■エクストレイル エクストリーマーX(オーテックジャパン)
http://www.autech.jp/SV/XTRAILXTREMERX/

(山本晋也)