フィットシャトルがマイナーチェンジ、お買い得感がアップしました

ホンダは、ワゴンスタイルのコンパクトカー「フィット シャトル」と「フィット シャトル ハイブリッド」を一部改良、装備の充実を図りながらお買い得感のある価格設定としたと、発表しました。

 

ボディカラーは、新色のアズールブルー・メタリックを追加し、全10色のカラーバリエーションとなります。

そのほか、フォグライトやETC車載器を標準装備(15C、HYBRID-Cを除く)、さらにはLEDコンソールライトやLEDドリンクホルダーイルミネーションを標準装備。

 

また、リアワイドカメラや照明付オーディオリモートコントロールスイッチなどディーラーオプションの純正ナビゲーションを手軽に装着できるナビ装着用スペシャルパッケージを追加設定しています。

さらにフィットシャトルのFF車はJC08モード走行燃料消費率を18.8km/Lに向上させているほか、4WD車には安全装備であるVSA(車両挙動安定化制御システム)を標準装備しています。

こうして装備を大幅に充実させながら、メーカー希望小売価格は据置か若干のアップとなっていますから、まさにお買い得感を増すマイナーチェンジといえそうです。

■フィット シャトル(本田技研工業)
http://www.honda.co.jp/FITSHUTTLE/

■フィット シャトル HYBRID(本田技研工業)
http://www.honda.co.jp/FITSHUTTLE/hybrid/

■「フィット シャトル/フィット シャトル ハイブリッド」を一部改良し発売(本田技研工業)
http://www.honda.co.jp/news/2012/4120625-fitshuttle.html

(山本晋也)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=169311


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています