マツダ デミオがマイナーチェンジで、非SKYACTIVにも減税対象が登場!

デミオ「13C-V SMART EDITION II」 122万円

 

マツダが『デミオ』を一部改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて2012年5月30日より発売します。

今回の一部改良のポイントは、非SKYACTIVのパワートレインを積むグレードに、エコカー減税の対象(50%減)となった「13C-V SMART EDITION II(スマートエディションII)」が追加されたことです。

 

従来までの「13C-V SMART EDITION」から「13C-V SMART EDITION II」へと名前を変更すると同時に、リアルーフスポイラーやアンダーカバーなどを空力性能を磨き上げ、JC08モード燃費を20.2km/Lから20.6km/Lへ0.4km/L向上しています。

 

従来のデミオはエコカー減税対象グレードが自動車取得税および重量税が免税となる「13-SKYACTIV」だけでしたが、新たに「13C-V SMART EDITION II」が50%減税対象ながらエコカー減税対応となったというわけです。

 

また『13-SKYACTIV』においては「スポーティパッケージ」および「コンフォートパッケージ」装着車に、新シートカラー「ボーダーブラック」を追加することで全3色を設定となっています。

デミオ「13-SKYACTIV」 135万円

その他のグレードについては大きな変化はありませんが、新ボディカラーとして「ストーミーブルーマイカ」、「クリアウォーターブルーメタリック」の2色を追加して、全11色としたということです。

 

(山本晋也)