ダイハツ・ムーヴが軽ターボ初のエコカー減税75%レベルになりました

低燃費性能に力を入れているダイハツの手は、軽ターボにまで及びました。

まず対象となったのは軽ワゴンの「ムーヴ」。

カスタムシリーズに設定されているターボエンジン搭載グレード「カスタムRS」に、「e:S(イース)テクノロジー」を採用して、燃費を向上させています。

今回採用された「e:Sテクノロジー」は次の通りです。

①パワートレーンの進化
・燃焼効率向上とエネルギーロス低減を極めた「新エンジン」
・メカニカルロスの低減で、動力伝達効率をさらに向上した「CVT」

②エネルギーマネージメント
・停車前アイドリングストップ機能を追加した「新 eco IDLE」
・エコ発電制御(減速エネルギー回生機能)

これにより、「ムーヴ カスタムRS」の2WDは24.2km/L(JC08)の燃費性能となり、軽乗用車のターボエンジン搭載車では初めて新エコカー減税で75%軽減レベルに適合しました。また、4WD車も22.2km/L(JC08)の燃費を実現し、エコカー減税の50%軽減レベルとなったそうです。

メーカー希望小売価格は2WDが149万円、4WDが161万1000円。どちらもエコカー補助金の対象となっています。

■ムーヴ カスタム(ダイハツ)
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

(山本晋也)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事