日本人唯一のFIA世界チャンピオン、新井敏弘選手がインプレッサでIRC2連覇を目指して発進

4月18日、STIが群馬サイクルスポーツセンターで今年のインターコンチネンタルラリーチャレンジ(IRC)でのマニュファクチャラータイトル獲得を目指した参戦体制を発表しました。マシンはGRB型インプレッサWRX STIをベースとしたR4仕様車。

そして日本を代表するラリードライバー、新井敏弘選手がIRCツール・ド・コルス、サンマリノ、サンレモ、キプロスラリーの4戦に参戦する予定であることを明らかにしました。

新井敏弘選手は、スバルワークスからインプレッサワールドラリーカー(WRカー)をドライブした経験も持ち、2000年のWRCチームズカップを制覇したほか、グループNマシンによるWRCであるプロダクションカーWRC(PWRC)では2005年と2007年にチャンピオンを獲得。日本人で唯一世界自動車連盟(FIA)の世界タイトルを獲得。さらに2011年のIRCチャンピオンも獲得したとっても凄い人なのです。

彼とヤッコ・ニカラ選手がトミ・マキネンレーシングから、そしてストールレーシングからアンドレアス・アイグナー選手が参加して、IRCのメーカータイトルを狙います。

体制発表当日は、新井選手がドライブするインプレッサR4仕様車のデモンストレーションランも行われ、華麗なドリフトを披露してくれました。

今年2連覇を目指す新井選手の活躍に期待したいところです。

(ぬまっち)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=138607