オープニングセレモニーに日本大使は来ない?【バンコクモーターショー2012】

昨日26日のVIPデーは特別な日で、本日27日からが本格的なバンコクモーターショーの幕開けです。

会場のインパクトには、豪華なパーティルームがあります。

オープニングセレモニーは、出展者、王室、政府関係者などを招待して、主催であるグランプリ出版のプラチン・イヤムラムナウ社長の挨拶がありました。

そして、関係者にプラチンさんから贈り物が手渡されます。

どうやらシルバーか錫のアイスペールのようですね。オリジナルのロゴマーク入りです。

出展者の半分くらいは日本のメーカー関連ですね。

外国の大使関連でしょう、国旗から推測するにドイツやフランス、チェコの大使はいらっしゃるようなんですが、日本の国旗は見当たりません。なぜなんでしょう?

主催者側からは日本大使に対して招待の声はかけているそうですが、なぜか出席されないそうです。理由は教えてくれないそうです。

民間のイベントなので、どういったものに出席して、どういったものに出席しない、とか基準があるのかも知れません。が、少し残念な気がしました。

(小林和久)