ドライブ心をかきたてる道シリーズ・ループ橋【車中泊女子の全国縦断記】

奥出雲おろちループ
奥出雲おろちループ

先日の「ドライブ心をかきたてる橋」記事を書くために旅の間に撮りためた写真を見直しながら、思わず「あぁ〜、ココ、また走りたい!」と溜め息をついてしまいました。
というわけで? 前回に引き続き「ドライブ心をかきたてる」写真をご紹介!

 

今回も橋ですが、橋は橋でも「ループ橋」!
全国各地にループ橋は数々ありますが、わたしが特に印象に残っているのは島根県仁多郡奥出雲町(旧横田町)にある「奥出雲おろちループ」です。

国道314号線・三井野原(みいのはら)道路の一部で、区間長2,360m、区間標高差105m、最小半径100m(1重目)、200m(2重目)の二重ループ。標高の低い方から「新紅葉橋」「冷泉橋」「雲龍橋」「雲上橋」「新三国橋」「新平家橋」「三井野大橋」と、7つの橋で構成されています。

何と言っても「おろち」という名称のインパクト大!(笑)
もちろん由来は、日本神話に登場する大蛇・ヤマタノオロチから。さすがは出雲です。
すぐ近くに道の駅『奥出雲おろちループ』があり、この写真は、「鉄の彫刻美術館」(無料)側にある展望台から撮りました。

ループ橋が開通する前までの旧国道314号線は、道幅が2mしかない区間もあったほどの険しい山道だったそうです。
現在は林道となっていますが通行止めにはなっていないので、山道マニアの方はチャレンジしてみては!?

余談ですが、木次線トロッコ列車「奥出雲おろち号」がループ橋よりも高所を運行しており、車窓から「奥出雲おろちループ」および日本一のトラストアーチ橋・三井野大橋が眺められます。
また鉄道ファンには見逃せない“スイッチバック方式”(出雲坂根駅)も!
さらに余談ですが、三井野原駅から道の駅『奥出雲おろちループ』まで徒歩10分です。

運行区間>JR木次線木次駅〜備後落合駅
運行期間>4〜11月の金土日&祝日(夏休み期間は毎日)1日1往復

春は新緑、夏には雨上がりに白い雲が立ちこめ「八雲立つ」、秋は紅葉、冬は雪景色(凍結注意!)…と年間を通して雄大なロケーションを楽しめる奥出雲おろちループ、ぜひ訪れて見てください。

(松本しう周己)

【リンク切れ、画像がすべて見られない方は】https://clicccar.com/117308

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事