86・BRZの登場でスバルが期待する事は?

トヨタ86がモーターショウ前に一足早く、ベールを脱ぎ先行試乗も行われたようですが、僕が実際試乗できるのは、店頭に試乗車が来てからになりそうですね。

この先行試乗が出来た方々の記事を拝見していると、一様に水平対向エンジンによる重心の低さ、ハンドリングの素直さを特筆している方が多いようです。

水平対向エンジンは、スバルの象徴とも言うべきエンジンで、今回の86登場まで国産車ではスバルだけが採用する特殊なエンジンでした。

スポーツ走行等においても、エンジンと言う車の中でかなりの重量物を低重心に配置できる水平対向エンジン。

低重心化でハンドリングが軽快になり運動性能が向上しますが、コストやノウハウの問題で他メーカーは採用してませんでした。

スバルのクルマの一番の問題点は、試乗してみないと良さがわかりにくい点。

いくらオーナーがいいと言っても、見た目やブランドのせいで嫌煙するユーザーも多く、個人的には水平対向エンジンの良さが、なかなか伝わらない事にもどかしさを感じていました。

しかし、今回トヨタから86が発売される事で水平対向エンジンの優れた運動性能がクローズアップされ、さらにBRZの発売で購入を検討するユーザーが、スバルディーラーに足を運び、試乗してみる人も増えるでしょう。

もちろん、BRZの販売台数獲得は当然ながら、同じ水平対向エンジンを搭載する、レガシィ・インプレッサ・フォレスター・エクシーガの良さも多くの人に理解される事をスバルは期待しているはず。

86・BRZの走りの核となる水平対向エンジンがどれだけ認知されるかに、スバルの未来は掛かっている気がします。

(井元 貴幸)

写真がすべて見られない方はコチラ>>>https://clicccar.com/86860

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事