速いと負けちゃう!?新感覚モータースポーツ「レーシングECO耐久」

大井貴之さんのD-RIGHTSが主催するレーシングECO耐久が、今年も3月13日に袖ヶ浦フォレストレースウェーイで開催されます。

レーシングECO耐久
レーシングECO耐久

ECOと名付けるだけあって、単純な速さだけでは決着が着かない。周回数や燃費をポイント制で計算するなど趣向を凝らした「縛り」が満載のこのレース、昨年8月22日に開催された第一回ではこの縛りが大きく勝敗を分けています。

その勝敗を分けた縛りの一つとは「1周を1分25秒以上で走らなくてはいけない」!

トップを走る野上プロジェクトのロードスターとISMレーシングのBMWがラスト5分でドッグファイトを繰り広げました。

レーシングECO耐久
ラスト5分のドッグファイ

毎周トップが入れ替わり、勝敗が全く予測できない展開の激しいバトルが繰り広げられる中、先にチェッカーを受けたのはISMレーシングのBMWです。

レーシングECO耐久
チェッカーはBMWに?

しかし、ここで実況の大井貴之さんが大絶叫!

「禁断のスーパーラップ!24秒台!でたーーーー!」

レーシングECO耐久
禁断のスーパーラップ

そう、BMWは最後のラップをノーカウントにしてしまったのです。そして優勝の栄冠は野上プロジェクトのロードスターへ。

 

こんなドラマティックな参加型レースは見たことがありません。その上、今年も参加車両が超バラエティ。ロードスターやZ、BMWに混じってプリウスやCR-Zなどのハイブリッドも参加。エントリーリストを見ると、なんとバイクのエンジンを積んだレーシングカールックのあのRadicalも参加するようです。

3月13日は私もピットクルーとして参加します。皆さんもぜひ、この最高に面白いレースを袖ヶ浦フォレストレースウェイに観に来てください。

(北森涼介)