トヨタ・カローラ(セダン、ツーリング、スポーツ)が一部改良。最新のパワートレーンと先進安全装備、コネクティビティを搭載

■GRカローラは、2022年冬頃からの台数限定で抽選予約を開始し、2023年初頭から販売を開始

2022年10月3日(月)、トヨタ・カローラ(セダン、ツーリング、スポーツ)が一部改良を受け、同日から発売を開始しています。今回の改良は、パワートレーンの刷新も含めた比較的大がかりな内容になっています。

トヨタ・カローラ
一部改良を受けたトヨタ・カローラシリーズ

人気のハイブリッド仕様に、すべての電動モジュールが刷新された1.8Lハイブリッドシステムが搭載され、優れたモーター性能により、レスポンスのいい発進性、伸びやかな加速を両立したとしています。

トヨタ・カローラ
最新世代の1.8Lハイブリッドシステムを搭載

ガソリン仕様には、省燃費性能と走りの楽しさを兼ね備えたという新エンジンが採用されています。

トヨタ・カローラ
1.5L車が1.5Lダイナミックフォースエンジンに刷新

セダンのカローラ、ステーションワゴンのカローラ ツーリングに、1.5Lダイナミックフォースエンジンが、5ドアハッチバックのカローラ スポーツには、2.0Lダイナミックフォースエンジンが新たに積まれています。

先進安全装備のアップデートもポイント。

「トヨタ・セーフティ・センス」が進化を遂げ、衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュセーフティ」に、交差点右折時の対向直進車、右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能が加わっています。

システムが運転状況に応じたリスクの先読みを行い、歩行者や自転車、駐車車両に近づきすぎないようにドライバーのステアリングやブレーキ操作をサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」を追加。

トヨタ・カローラ
カローラ W×B(ハイブリッド車・2WD)

さらに、ソフトウェアのアップデートにより、購入後も最新の運転支援技術に対応。ドライブレコーダー(前方)とバックガイドモニターが標準化されるとともに、録画機能付バックガイドモニターがオプション設定されています。これらにより、安心、安全なドライブがサポートされます。

トヨタ・カローラ
カローラ W×Bのインテリア

コネクティビティの進化も盛り込まれています。コネクティッドナビに対応した8インチのディスプレイオーディオ、10.5インチのディスプレイオーディオPlus(車載ナビ機能付)が設定され、スマホ連携の「Apple CarPlay」がワイヤレスで利用可能になったほか、車内Wi-Fiもオプション設定されています。

トヨタ・カローラ
ステーションワゴンのツーリング

そのほか、ヘッドランプやフロントロアグリルなどのエクステリアデザイン、一部のボディカラーが変更されています。

トヨタ・カローラ
スポーツのリヤビュー

カローラといえば、GRカローラの販売を待ち望んでいる方も多いでしょう。その「GRカローラ RZ」は、2022年秋頃から発売予定、「GRカローラ モリゾウエディション」が2022年冬頃から台数限定で発売、抽選予約受付を同年秋頃から開始されるとアナウンスされていました。

しかし、トヨタはこのほど、生産上の事情により「GRカローラ RZ」「GRカローラ モリゾウエディション」ともに、2022年冬頃から抽選予約受付を開始し、2023年の年初から台数限定で販売という方法に変更したと発表しています。

●価格帯
「カローラ」:199万円~299万8000円
「カローラ ツーリング」:207万円~304万8000円
「カローラ スポーツ」:220万円~289万円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。