シエンタやアクア、ヤリス、プリウス、ルーミー/タンクなどの既存車に後付けできる「いつでもウェルキャブ」をトヨタが設定

■「車いす収納装置」と「助手席ターンチルトシート」をラインナップ

2022年9月26日(月)、トヨタは、既販車(既存車)に後付けできる純正の福祉用品「いつでもウェルキャブ」の車いす収納装置を発売しました。

新型シエンタ向けをはじめ、今年11月以降、従来型シエンタ、アクア、ヤリス、プリウス、ルーミー/タンクなど、現在乗っている愛車に後付けで装着できることになります。

トヨタ いつでもウェルキャブ
「車いす収納装置」の車いす収納装置

福祉車両の「ウェルキャブ」シリーズを幅広い車種に展開しているトヨタは、既販車に後からでもウェルキャブの機能を追加可能な純正の福祉用品「いつでもウェルキャブ」を設定。トヨタの車両販売店で購入できます。

トヨタ いつでもウェルキャブ
車いす展開時

車いす収納装置は、力が弱く、車いすを持ち上げるのが困難な人でも電動で容易に車いすをラゲッジに収納可能なウェルキャブ装置。「いつでもウェルキャブ」の車いす収納装置は、ユーザー自身で装置の着脱ができるため、使用しない時は簡単に取り外すことが可能で、ラゲッジを有効活用できるのが特徴です。

トヨタ いつでもウェルキャブ
車いす収納装置の操作イメージ

また、「いつでもウェルキャブ」には、助手席ターンチルトシートも設定されていて、8月23日より従来型シエンタをはじめとした既販車向けに販売されています。

助手席ターンチルトシートは、座席が回転して傾くことで、足を地面に着けたまま、またがずに乗ることが可能で、乗降を容易にする商品になっています。

トヨタ いつでもウェルキャブ
助手席ターンチルトシートのイメージ

さらに、トヨタは今後も「いつでもウェルキャブ」を販売するのに加えて、トヨタグループの総合力を活かし、豊通オールライフと共同で、レンタルサービスを一部地域で10月1日(土)から順次開始する予定としています。

レンタルは、宮城県、山形県(山形市内)、福島県(福島市内・いわき市)、岩手県(一関市)、栃木県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、京都府、奈良県、和歌山県(和歌山市)、滋賀県(大津市)、大阪府、兵庫県(神戸市・姫路市・西宮市等)、福岡県、佐賀県で開始されます。

豊通オールライフの福祉用品貸与事業ネットワークを活用し、より多くの人に移動の自由を提供したいとしています。レンタルで使ってみて利便性を実感できれば購入する手もありそうです。

●「車いす収納装置」価格:14万9600円(ユーザー自身が着脱が可能なため、取付費用は不要)
●「車いす収納装置」適合車種:新型シエンタ(年式2022年8月~)、シエンタ(年式2015年7月~2022年7月)、アクア(年式2011年12月~2021年6月)、アクア(年式2021年7月~)、ヤリス(年式2019年12月~)、プリウス(年式2015年12月~)、ルーミー/タンク(年式2016年11月~)
※新型シエンタは、2022年9月26日発売。従来型アクア、現行型アクア、ヤリスは2022年11月予定。プリウスとルーミー/タンクは2023年1月以降予定

●「助手席ターンチルトシート」価格:14万9600円(取付費用別)
●適合車種:シエンタ(年式2015年7月~2022年7月)、アクア(年式2011年12月~2021年6月)、アクア(年式2021年7月~)、ヤリス(年式2019年12月~)、プリウス(年式2015年12月~)、プリウスPHV(年式2017年2月~)
※2022年8月に発売済みで、今後シエンタ(年式2022年8月~)にも設定予定(時期未定)

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。