ホンダ・ステップワゴンの発表後約1ヵ月の初期受注は、2万7000台超

■月間販売計画の5倍以上となる好調なスタートを切る

新型ホンダステップワゴンが好調なスタートダッシュを決めています。発売から約1ヵ月後となる6月27日時点で受注台数が2万7000台を超え、月間販売計画の5倍以上となる好調なスタートを切っています。なお、月間販売計画は5000台です。

ホンダ・ステップワゴン
新型ホンダ・ステップワゴン(スパーダ・プレミアム・ライン)のエクステリア

先代の特徴のひとつであった「わくわくゲート」を廃止し、スタイリングや機能面では「先祖返り」を果たし、ホンダ独自の独創性が薄れたようにも思えます。しかし新型は、視界の良さや静かで乗り心地の良さなど、ホンダらしくドライバーが運転を楽しみつつも、乗員が酔いにくいような走りが追求されています。

ホンダによると、購入層は先代ステップワゴンからの買い替え層を含めたミニバンユーザーを中心に、30代から40代のファミリー層をはじめとする幅広いユーザー層としています。

ホンダ・ステップワゴン
「AIR(エアー)」のフロントマスク

日常シーンの多くをモーター走行でカバーし、低燃費で滑らかな走りを実現する2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」が高く評価されているそうで、「e:HEV」は67%、ガソリンエンジン車は33%となっています。

ほかにも、シンプルなエクステリアデザイン、車両間隔をつかみやすい視界、乗り物酔いがしにくくなる水平基調のキャビンや多様なシートアレンジなどが主な好評点としています。

ホンダ・ステップワゴン
新型ステップワゴンのインパネ

タイプ、グレード別構成比では、e:HEVの「SPADA(スパーダ)」が35%。最上級仕様でe:HEVの「SPADA PREMIUM LINE(スパーダ・プレミアム・ライン」が24%。ガソリンエンジン車の「SPADA」が20%、e:HEVの「AIR(エアー)」が8%、ガソリンエンジン車の「AIR」が7%、「SPADA PREMIUM LINE」が6%となっています。

ホンダ・ステップワゴン
「スパーダ・プレミアム・ライン」のリヤビュー

タイプ別の人気ボディカラー3色をチェックすると、「AIR」では、「プラチナホワイト・パール」が41%で1位。2位は29%の「フィヨルドミスト・パール」。3位は「クリスタルブラック・パール」で15%。

「SPADA」では、同じく46%の「プラチナホワイト・パール」がトップで、「クリスタルブラック・パール」が2位で28%、3位は「トワイライトミストブラック・パール」で12%。

最上級仕様の「SPADA PREMIUM LINE」では、1位はこちらも「プラチナホワイト・パール」で50%、「クリスタルブラック・パール」が26%で2位、3位は「トワイライトミストブラック・パール」で13%となっています。ボディカラーの40%以上が「プラチナホワイト・パール」となっています。

(文:塚田 勝弘/写真:井上 誠)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。