テスラのイーロン・マスクがツイッターを5.6兆円で買収。つぶやきのクルマへの応用はあるか?

■マスク氏の総資産はインドGDPの10%に匹敵する28兆円

イーロン・マスク
イーロン・マスク氏のツイッター

世界一の富豪とされるテスラとスペースXの最高経営責任者、イーロン・マスク氏が、SNSサービス「ツイッター」を買収することになりました。買収予想額はおよそ440億ドル(約5.6兆円)。東京都全体の1年間の税収とほぼ同じ金額ですが、マスク氏の資産は推定28兆円(インドのGDPの10%!)とのことですから、痛みはまるでないでしょう(日本の銀行を含む融資団から数日で3兆円が集まったそうです)。

elon_musk_twitter
マスク氏の買収提案賛成の報道に「ありがとう!」と答えるマスク氏のツイート

思えば3月25日にマスク氏が「ツイッターは言論の自由を守っていない」とつぶやいたことがすべての始まりでした。4月4日には同氏がツイッター株の9.2%を取得したことが明らかとなり、ツイッター社の取締役に起用されるも、マスク氏がこれを辞退。直後に同氏がツイッターを買収しようとしていることが明らかになります。対するツイッター社は「ポイズンピル(毒薬条項)」というプランで買収阻止に動きますが、どうやらマスク氏を敵に回してまでツイッターを支えようという支持者が現れなかった様子で、急転直下、マスク氏の買収提案を飲むことが決まりました。「金持ちケンカせず」ということわざ通りですね。

●台数でマツダを抜く勢いのテスラも絶好調

elon_musk_twitter
世界で次々と工場を立ち上げテスラの販売台数もうなぎ上り

ちなみにイーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラですが、直近の決算は絶好調。2022年第1四半期には30万台を売り上げ、今年の年間販売台数はマツダを抜くといわれています。

3月末にはドイツ・ベルリン、4月7日にはカリフォルニアに次ぐアメリカ2番目のギガファクトリー、テキサス工場が稼動し、年間生産台数200万台の体制が整いました。BMW(MINIを除く)ブランドの2021年販売台数221万台が見えてくる数字ですね。ツイッター買収を受けて株価が上がれば、マスク氏の借りた3兆円もすぐ穴埋めできちゃう勢いです。

elon_musk_twitter
スペースXの宇宙事業も、衛星ネットサービス「スターリンク」や、ロケット打ち上げの脱ロシアの流れを受けて好業績だとか

いっぽうのツイッターですが、一時より減ったとはいえ、全世界で2億人以上のアクティブユーザーを抱える世界的なSNS。2021年は前年比37%増となる51億ドル(約5900億円)を売り上げましたが、株主訴訟の和解金や人件費などがかさみ、純損益は赤字とのこと。

とはいえ1日2億件ともいわれるツイート(つぶやき)はデータの宝庫と言われ、すでにあちこちのマーケティングなどに用いられています。ひょっとしたらテスラも、ツイッターでつぶやかれる事故や渋滞の情報を取り込み、自社で手掛ける自動運転「FSD」に反映したりするかもしれませんね。

広告などの収益化などには課題が残るといわれるツイッター。イーロン・マスク氏の今後の舵取りに注目しましょう。

角田伸幸

この記事の著者

角田伸幸

角田伸幸 近影
1963年、群馬県のプロレタリアートの家庭に生まれる(笑)。富士重工の新米工員だった父親がスバル360の開発に立ち会っためぐり合わせか、その息子も昭和期によくいた「走っているクルマの名前が全部言える子供」として育つ。上京して社会人になるもクルマ以上に情熱を注げる対象が見つけられず、自動車メディアを転々。「ベストカー」「XaCAR」で副編集長を務めたのち、ポリフォニー・デジタルにてPlayStation用ソフトウェア「グランツーリスモ」シリーズのテキストライティングに携わる。すでに老境に至るも新しモノ好きで、CASEやパワートレインの行方に興味津々。日本ディープラーニング協会ジェネラリスト検定取得。大好物は豚ホルモン(ガツとカシラ)。