新型ホンダ・ステップワゴン用純正アクセサリーのティザーサイトがオープン

■「AIR」は「SPORTS MIX」「SPADA」は「Emotional Solid」がデザインテーマ

以前お伝えしたように、2022年春の発売がアナウンスされている新型ホンダ・ステップワゴン。トヨタから先に発売された新型ノア/ヴォクシーの絶好調ぶりも伝わる中、新型ステップワゴンを待ちきれない人も多いのではないでしょうか。

ホンダアクセス ステップワゴン
純正アクセサリー装着車の「スパーダ」のフロントマスク

ホンダによるティザーサイトがすでにオープンしていて、順次情報の更新が行われています。さらに、新型ステップワゴンの純正アクセサリーのティザーサイトも公開済みです。新型ステップワゴンには、ノーマル系の「AIR(エアー)」とカスタマイズ系としてお馴染みの「SPADA(スパーダ)」が設定されています。

ホンダアクセス ステップワゴン
「スパーダ」の純正アクセサリー装着フロントスタイリング

純正アクセサリーを手がけるホンダアクセスは、ノーマル系の「AIR(エアー)」には流行のギア感をエクステリアデザインに表現したという「SPORTS MIX」というキーワードを掲げています。

「SPADA(スパーダ)」は「Emotional Solid」をテーマに、上質感を演出するメタリック基調の純正アクセサリーを用意。両仕様ともにベース車よりも存在感を大きく高めています。

ホンダアクセス ステップワゴン
「エアー」の純正アクセサリー装着エクステリア

「AIR」に設定されるのは、フォグライトガーニッシュ、ボディサイドモール、アルミホイール MS-046(マルチカラー塗装)、リヤコーナーガーニッシュなど。

「SPADA」には、フロントグリル(ダーククロームメッキ)/プラチナクロームメッキ、フォグライトガーニッシュ(LEDビームライト付)ダーククロームメッキ/プラチナクロームメッキ、アルミホイール MG-029(ハイコントラストシルバー塗装)などが用意されます。

ホンダアクセス ステップワゴン
「エアー」の純正アクセサリー装着車

インテリアの注目は、純正ナビゲーションシステム「Gathers」で、同シリーズ最大サイズの新型11.4インチの「Honda CONNECT」ナビ、新型で15.6インチのリヤ席モニターも用意。ケンウッド製ハイグレードスピーカーシステムなども設定さされ、エンタメ強化が盛り込まれています。

ホンダアクセス ステップワゴン
新型11.4インチの「Honda CONNECT」ナビを設定する

そのほか、乗降性を高める「ハンズフリースライドドア」「オートサイドステップ」「ロングアシストグリップ」を全タイプに設定。

発売が待たれる新型ステップワゴン、純正アクセサリーの情報はティザーサイトでチェックできます。

塚田 勝弘

【関連リンク】

新型「ステップワゴン」用純正アクセサリー先行公開サイト
https://www.honda.co.jp/ACCESS/stepwgn/new/?from=at_mainjs

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。