GR86のハンドリングを向上させる「GRドアスタビライザー」が登場

■GRドアスタビライザーの適合車種を他の4モデルにも拡大

モデリスタ」やTRDブランドを展開しているトヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)は、「GR PARTS」ブランドの「GRドアスタビライザー」をGR86にも適合させました。

GRドアスタビライザー
GR86やヤリスなどにも適合した「GRドアスタビライザー」

この「GRドアスタビライザー」は、ドアのストライカー部分の隙間にスペーサーを入れ、隙間を埋めることで、ステアリング操作時の応答性を向上させることができるそう。

キャッチ側にスライディング機構を持たせているため、隙間がなくなるだけでなく、車両側に加工をすることなく装着が可能です。

GRドアスタビライザー
「GRドアスタビライザー」のキャッチ側

よりスポーティなフットワークを追求したい人にオススメのパーツです。

なお、すでに「ドアスタビライザー」「GRドアスタビライザー」を展開してきたTCD。車両によってボディとドアの隙間の違いがあるため、適合するモデルが限られていたという事情がありました。

GRドアスタビライザー
「GRドアスタビライザー」のドア側

今回、GR86用に新タイプが開発されると共に、カムリ(2021年2月~)、ヤリス(2019年12月~)、ハイラックス(2020年8月〜除くGR SPORT)、プリウスPHV(2017年2月~)、プリウスPHV GR SPORT(2017年09月~)にも適合しています。

なお、4ドア車の場合は、1台分で2個必要となります。

●GRドアスタビライザー(品番:MS304-00005)価格:1万6500円(取付費・塗装費別)

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。