まるでSF映画に登場するバイク!? BMWが中型EVスクーターの新型「CE04」を国内販売

■エコで先進的な100%電動スクーター

まるでSF映画に出てくるような未来的デザインを採用したBMWの新型EVスクーター「CE04(シーイー・ゼロフォー)」が、いよいよ国内販売を開始しました!

BMW新型EVスクーターCE04
CE04のサイドビュー

100%バッテリーと電動モーターで走るこのスクーターは、最高出力42psを発揮し、航続距離は約130kmを実現。

全国のBMWモトラッドCE04取り扱い正規ディーラーで、2022年4月22日(金)より販売開始となります。

●都市型バイクの新たなスタイルを提案

2017年にコンセプトモデルが発表されたCE04は、先代モデルの「Cエボリューション」に次ぐ、BMWモトラッド(BMWのバイクブランド)の電動スクーター第2弾です。

BMW新型EVスクーターCE04
CE04のリヤビュー

主に都市での快適かつ軽快な移動手段として開発されたのがこのバイク。

大きな特徴は未来的なスタイルで、BMWが提案する都市型バイクの新たなフォルムを具現化したデザインを採用します。

特に、フロントマスクの造形、マットブラックのボディ、宙に浮いたようなフローティング型シートなどはとっても個性的。ダイナミックかつスタイリッシュな雰囲気を演出します。

車体サイズは、全長2285mm×全幅855mm×全高1150mm (ハイウインドシールドOE装備時1315mm)。車両重量は231kgで、シート高800mm。運転は普通自動二輪免許があればOKです。

BMW新型EVスクーターCE04
CE04のシート

●0-50km/h加速2.6秒という俊敏な走り

パワートレインには、バッテリーとリヤホイールの間のフレームに、水冷の永久磁石式電気モーターを搭載。

バッテリーは148Vのリチウムイオンタイプを採用し、最高速度は120km/h、0-50km/h加速は2.6秒で、モータードライブらしい抜群のダッシュ力を発揮します。

BMW新型EVスクーターCE04
BWW・CE04の走行シーン

また、モーターの動力は、メンテナンスフリーのベルトドライブにより後輪を駆動する形式を採用。

夜間に住宅街を走る際も、ご近所さんなどに騒音で迷惑をかける心配がない、とっても静かな走りに貢献します。

加えてCE04は、さまざまな先進電子制御システムの搭載も注目点です。

たとえば、リヤホイールのスリップに応じトルクを制限する「ASC(オートマチック・スタビリティー・コントロール)」は、内燃機関のBMW製バイクでも高い実績を誇る機能で、優れた安全性を実現します。

また、日本仕様車では、「DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)」も装備。特にバンク状態でより安全な加速を可能にします。

BMW新型EVスクーターCE04
CE04にはベルトドライブを採用

ほかにも、「ECO(エコ)」「Rain(レイン)」および「Road(ロード)」の3つのライディング・モードも設定。

日本仕様には、さらに速いペースでの加速を可能とする「Dynamic(ダイナミック)」ライディング・モードも装着され、スポーティな走りにも対応します。

●チャデモ(CHAdeMO)規格の充電器が使えないのは残念

新型CE04は、前述の通り、フル充電時の航続距離が約130kmを実現するため、近郊へのちょっとした遠出などにも対応します。

BMW新型EVスクーターCE04
CE04の充電シーン

ただし、ちょっとやっかいなのが充電方式。

Mode2規格の充電器が標準装備されていますが、これは単相200V/15Aで普通充電を行うもの。バッテリー0%の状態から約4時間でフル充電が可能です。

日本仕様ではMode3のハイスピード充電に対応しており、最大単相200V/32A(6.4kW)に対応。公共のEV200V普通充電器、BMW純正Wallbox、一般に販売されているEV200用の設置型普通充電器(Mode3)を使用することができ、約1時間20分でフル充電が可能です。

ただし、家庭用100V電源には対応しないため、自宅などで充電する場合には、家に専用の充電設備を別途設置することが必要となります。

BMW新型EVスクーターCE04
CE04のメーター

また、出先などでも、高速道路のSAやPAなど、日本の公共施設の多く設置されているチャデモ(CHAdeMO)規格の充電器には対応しません。

そのため、走り方や走行距離によっては、行った先での充電ができない場合も出てきます。

そう考えると、CE04は自宅に対応する充電設備を設置し、通勤や近所の買い物など、街乗りをメインにした使い方がよさそうです。

ともあれ、その前衛的なデザインや、100%電動による俊敏な走り、排ガスが出ないエコな特性はかなり魅力的なのは確か。

価格(税込)は161万円です。

(文:平塚 直樹