新型トヨタ「GR86 Cup Car Basic」が333万4000円で発売開始

■ロールケージ(6点式+サイドバー)、エンジンオイルクーラー、専用フロアマットなどを用意

TRD」を擁するトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、2022年2月7日、「GR86 Cup Car Basic(カップカー ベーシック)」を発売しました。

トヨタ GR86 Cup Car Basic
「GR86 Cup Car Basic」のエクステリア

GR86 Cup Car Basicは、専用ベース車両に同社がレース専用装備を架装する完成車両(持込登録)で、2022年から開催予定の「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」の参戦車両として開発されたコンプリートカーになります。

もちろん、新型86がベースで、レース参戦に必要なロールケージや競技用シートベルトアンカーなどの高コストな装備をパッケージ。ユーザーが好みに合わせて変更できるシートやホイールなどは廉価仕様の装備に抑えて、リーズナブルな価格設定を実現しています。

トヨタ GR86 Cup Car Basic
空冷式エンジンオイルクーラー

さらに、パフォーマンスアップされた車両に最適化された空冷式エンジンオイルクーラーが装備され、レーシングスピードでの安定した周回走行が可能な冷却性能が確保されています。

なお、TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cupクラブマンクラス指定部品として採用予定のサスペンションセットは、現在開発中とのこと(適合するのは、GR86 Cup Car Basicのみになります) 。

トヨタ GR86 Cup Car Basic
「GR86 Cup Car Basic」の「ロールケージ(6点式+サイドバー)」

アイテムをチェックすると、「ロールケージ(6点式+サイドバー)」は、専用設計のインパネ貫通式ロールケージをはじめ、基本構造6点と運転席/助手席にサイドバーが付きます。乗車定員4名に変更はありません。

JAF国内競技車両規則「スピードB」および「スピードSA」適合。同規則の求める最小パイプ径(Φ35mm)を上回るΦ40mmの設計により安全性が確保されています。「6点式シートベルトアンカー」は、より確実に身体をホールド可能で、運転席側のみに架装。

トヨタ GR86 Cup Car Basic
「専用フロアマット」も装備

「専用フロアマット」は、ロールケージ部に干渉しないようにカットされた専用設計品。純正品同等素材、同固定具が使用された設計になっています。

●価格
トヨタ「GR86 Cup Car Basic」:333万4000円

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。