9日間のラリーのお祭り「ラリーウィーク」が11月6日に開幕。勝田貴元選手の凱旋デモランも!

■愛知県・豊田市、名古屋市、岡崎市などで開催!

愛知県でラリーウィーク開催
トヨタ・ヤリスWRC(Red Bull Content Pool)

11月11日(木)~14日(日)に、日本で開催が予定されていたFIA世界ラリー選手権(WRC)最終戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2021」は、残念ながら中止となってしまいました。

しかし、がっかりすることはありません。11月6日(土)〜14日(日)という9日間にわたり、ラリーファンがマシンや選手に近づけるイベントが、愛知県・豊田市、名古屋市、岡崎市などで開催されることになったのです。

その名も「ラリーウィーク」

ラリーウィークは翌2022年11月10日(木)~13日(日)に開催されるラリージャパンへの想いを込めたイベントで、2つのイベントを中心に構成されます。ひとつは11月6日(土)〜7日(日)に行われるTGRラリーチャレンジ第12戦豊田(主催:TMC)。もうひとつが、11月13日(土)〜14日(日)に行われるフォーラムエイト・セントラルラリー2021(主催:MOSCO サービスパーク:豊田スタジアム)です。

このふたつを結ぶのが、11月8日(月)~12日(金)に開催される「中部電力 MIRAI TOWER(旧・名古屋テレビ塔)エリア」で行われるラリーイベント。会場は、名古屋テレビ塔南側イベントスペースのレイヤード ヒサヤオオドオリパークで、トヨタヤリスWRC(レプリカ)展示をはじめ、WRC写真展、WRCのポディウムをイメージしたフォトスポット、プレゼントキャンペーンなどが予定されています。

ラリーウィークが愛知で開催
勝田貴元選手(Toyota)

他にもラリーウィークでは楽しいラリーコンテンツが目白押しなのですが、注目したいのが勝田貴元選手によるWRカー『トヨタ・ヤリスWRCのデモランです。今年のサファリラリーで2位表彰台を獲得した勝田による凱旋パフォーマンスは、11月7日(日)、TGRラリーチャレンジの鞍ケ池公園を会場として行われます。走行は、1回目が8時55分〜9時5分、2回目が13時15分〜13時30分という予定です。

一方セントラルラリーでも、11月13日(土)に岡崎乙川河川敷会場において、ベテランドライバーによるヤリスWRCのデモランが予定されているそうです。ラリー自体に複数のGRヤリスのエントリーが予定されている点もトピックですね。

愛知県でラリーウィーク開催
トヨタ・ヤリスWRC(Red Bull Content Pool)

2022年の開催をPRするべく、ラリージャパン事務局も3つの会場でラリーウィークに参加します。特設ブースではパネル展示やノベルティ配布、ラリージャパン関連グッズの物販などを予定しているとのこと。またセントラルラリーのセレモニアルスタート(11月13日[土]朝)直前、ラリージャパン関係者による2022年開催へ向けたメディア向けの決起集会が開催されます。

ラリージャパンが中止となった空白を埋めるべく、ラリーの魅力にとことん触れられる幸せな9日間。「ラリーウィーク」の各イベントのタイムスケジュールなど詳しい情報は、以下にあるラリーウィーク特設サイトなどでチェックしてください!

(まとめ:角田伸幸/Photo:Red Bull Content Pool, Toyota)

【関連リンク】

■ラリーウィーク特設サイト
https://toyotagazooracing.com/jp/event/rallyweek2021/

■TGRラリーチャレンジ豊田
11月6日(土)〜7日(日)
SS:鞍ヶ池公園、市内林道、トヨタ テクニカルセンター下山(テストコース)
https://toyotagazooracing.com/jp/rallychallenge/report/2021/12/

■フォーラムエイト・セントラルラリー2021
11月13日(土)〜14日(日)
サービスパーク:豊田スタジアム
https://central-rally.jp

■ラリージャパン公式サイト
https://rally-japan.jp/