新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった! | GR86_P1010188 | 1枚目の写真(全4枚)

「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の1枚目の画像 従来のFA20エンジンと同じ86.0mmのストロークのままボアを94.0mmに拡大したFA24エンジンを積んでいる
「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の2枚目の画像 FA24エンジンのスペック(開発目標値)は最高出力173kW(235PS)/7000rpm、最大トルク250Nm/3700rpmと発表された
「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の3枚目の画像 ATでDレンジにした状態でもアクセルを全開にすると7000rpmオーバーまで味わうことができる
「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の4枚目の画像 高回転まで回すためにはムービングパーツの強度アップが必須。この新エンジンではコンロッドの設計が丸っきり変わり、エンジンの組み方さえも大変更を受けている
  • 「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新しいGR86/BRZの2.4Lエンジンが7000rpm超まで軽快に回る理由は「D-4S」にあった!」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク